All or Nothing (オールオアナッシング):目標達成型

ミラドア・ラボのクラウドファンディングには2つのプランがあります。

  • 【All or Nothing (オール オア ナッシング)】:目標達成型
  • 【All in(オール イン)】:実行確約型

ここでは【All or Nothing (オール オア ナッシング)】:目標達成型について記載します。

オール オア ナッシング:目標達成型とは

クラウドファンディングの目標金額に達成したときのみ着手が決定する形式になりなます。

目標金額に達成しなかった場合は、支援金は全てキャンセル処理されます。

その為、テストマーケティングにおすすめと言えます。

オール オア ナッシング(目標達成型)の期間

カード決済でキャンセル処理ができる期間は最大60日の為、目標達成型の場合のクラウドファンディングの最大期間は60日となっています。

ミラドア・ラボでは、オール オア ナッシング(目標達成型)において、間違えて60日以上の設定をしてしまった場合は、終了日を自動的に60日後に変更するようになっています。

また、クレジットカードなどの決済の締め日は「15日締め」と「月末締め」の月2回あるのでクラウドファンディングの終了日を締め日に合わせると入金が早くなります。

オール オア ナッシング(目標達成型)の成立

オール オア ナッシング(目標達成型)の場合、目標金額に到達した時点でプロジェクトの成立になります。

プロジェクトの終了は、設定したプロジェクトの募集終了日、またリターン(返礼品)ががゼロになった日のいずれか早い方となります。

商品やサービスの提供時期はプロジェクトページにいつ頃から行えるか記載します。(一般的にはプロジェクト終了から6カ月以内です。)

プロジェクト成立において、支援者との売買契約が成立します。

その為、起案者は商品やサービスを提供する義務が生じます。

オール オア ナッシング:目標達成型のメリット

テストマーケティングとしては最適!

商品や新しいサービスの提供に伴う資金がない場合、オール オア ナッシング(目標達成型)なら先に市場の反応や商品やサービスに対する需要が判断できます。

商品開発をしてから販売と言うのが一般的な流れですが、製造後売れなければ赤字になってしまいます。

オール オア ナッシング(目標達成型)の場合は、目標金額を設定するので目標に到達しない場合は支援金はキャンセル扱いになります。

その為、商品開発や新しいサービス提供をする前に再度考え直すことが出来るのが大きなメリットと言えます。

事業計画書や商品の図面、新しいサービス内容など明確にする書類は準備する必要がありますが、販売やサービス開始前に市場調査ができる事はリスク回避になります。

また、オール オア ナッシング(目標達成型)は目標金額に達成しない限り手数料等の費用が一切かからないのもメリットと言えます。

クラウドファンディングに掲載することで販売・サービス開始前に宣伝できるのもメリットと言えます。

オール オア ナッシング:目標達成型のデメリット

目標未達成の場合すべてキャンセル扱いになってしまいます。

申込者がゼロの場合は良いですが、支援者が1人でもいればその応援に応えられない事になります。

また、目標金額に1円でも足りない場合は目標未達成となるので目標金額の設定が難しいと言えます。

オール オア ナッシング(目標達成型)の場合は、起案者の立場では支援金額が集まってから実行するのでリスク回避になりますが、目標金額に達成するまでプロジェクトを開始できないデメリットがあります。

※オール イン(実行確約型)方式とどちらでプロジェクトを公開するかは事前に決める必要があるので注意が必要です。

オール オア ナッシング:目標達成型の例

<セミナーやイベントのクラウドファンディング>
セミナーやイベントの場合、「会場費・謝金(講師や出演者)・警備員」などの経費が必要になります。

経費を回収できるのではあれば実行したい場合はオール オア ナッシング(目標達成型)がおすすめです。

セミナーやイベントを実行するにあたり目標金額を設定するのでリスク回避となります。

<ものづくりのクラウドファンディング>
ものづくりはキッチン用品や洋服、デジタル製品など多岐にわたりますが、量産しても売れるかどうか分からない場合や取り扱ってくる店舗がない場合は市場調査の一つとしてオール オア ナッシング(目標達成型)がおすすめです。

ものづくりの場合は、試作品を作るまでの費用はかかりますが、プロジェクトが目標金額に未達成でも量産後に全く売れないと言うリスクは回避できます。

オール オア ナッシング(目標達成型)のまとめ

オール オア ナッシング(目標達成型)は目標金額に達成した時だけプロジェクトを実行し、未達成の場合は支援金はキャンセルとなります。

ミラドア・ラボの場合、オール オア ナッシング(目標達成型)において、目標未達成の場合、支援金のキャンセルにかかる費用やクラウドファンディング利用の手数料は一切かかりません。

※手数料はプロジェクトが目標達成した時に発生します。

オール オア ナッシング(目標達成型)はテストマーケティングとして利用でき、起案者のリスク回避になります。

通常では生産してから販売しますが、販売してから生産するのがオール オア ナッシング(目標達成型)です。

アイデアを形にするのには費用がかかりますが、先に購入者(支援者)がいれば安心してプロジェクトを実行できます。

プロジェクト未達成でも、なぜ売れないのか?需要がなかったのか?など生産する前に知ることが出来るので起案者にはメリットと言えます。

ミラドア・ラボのクラウドファンディングにはオール イン(実行確約型)もありますでの違いを確認してください。

ミラドア・ラボのクラウドファンディングのお問い合せはこちら

お気軽にご相談下さい。

タイトルとURLをコピーしました